Mido Labo 

​presented by 

image_vol17_1000x524_title.jpeg
Mido Labo vol.17「嗤う伊右衛門」は公演延期となりました。詳細は上の
​ボタンをクリックしてご覧ください

​小説の新しい楽しみ方、いかがですか?

Mido Laboは2015年にスタート。

現在は「小説の新しい楽しみ方」として

「リーディングトリップ・シアター」と

銘打った舞台を作っています。

「リーディングトリップ・シアター」とは、

具体的なセットを使わず、

小説の「地の文」と「セリフ」で

物語を立ち上がらせる舞台のこと。

小説独特の「地の文」を大切に読みながら、

セリフ」ではきちんと

気持ちのやり取りをする。

 

イメージする楽しさを大事にしながらも、

お客さまがあたかもその小説の中にいて

登場人物の隣りで話を聞いているような

臨場感が楽しめる…。

そんな「観る小説」として成立する

「小説劇」を目指しています。

皆さんもリーディングトリッパーとして

物語に参加し、

私達と一緒に小説の世界を

旅をしてみませんか。

NEWS​
​twitter
​Instagram

@midolabo2015

​動画
​Mido LaboのYouTubeチャンネルができました!